小尾 勝吉:生まれてきてよかったを創り続ける。 ~村づくりを通じた自立共生社会の実現~

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

生まれてきてよかったを創り続ける。 ~村づくりを通じた自立共生社会の実現~

皆さんは、人生最期を迎える際に、どのような気持ちで幕を閉じたいですか?
人生最期の“心の状態”は、とても大切だと思うのです。
酸素マスクをつけて、排泄もクダでオムツ・車いす、栄養は口からではなくて胃ろうで、介護状態、、、そんな状態で亡くなりたくないと思います。
私の母親はそのような状態で亡くなりました、最期は震えて苦しんでいました。

人生は有限。
しかも、いつ人生の幕を閉じるのか、誰にもわかりません。
だからこそ「生まれてきてよかった」という状態に入っていきたい。
誰もが必ず役割をもって生まれてくる。
その役割に気づき、心からの「ありがとう」の言葉に包まれながら、困った時にそっと手を差し伸べてくれる仲間がいて、心は解放され、自分の短所を誰かの長所で生かしあいながら生きる事ができたら、いかがでしょうか?
そんな世界を“村づくり”を通じて実現したいと、愛さんさんグループは考えております。
共に実現していきませんか?

小尾 勝吉 OBI KATSUYOSHI

愛さんさんグループ 代表

生まれてきてよかったを創り続ける。 ~村づくりを通じた自立共生社会の実現~

関連プレゼンテーション

  1. 玉井照枝:「ケアカフェせんだい始めました!」

    玉井照枝:「ケアカフェせんだい始めました!」

  2. 川面寿子

    川面寿子: みんな隣人! 団地ではじまる新たなお隣づきあい

  3. 塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

    塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

  4. 滑川明男:「つながりを信じて ~グリーフケアの視点で考える~」

    滑川明男:「つながりを信じて ~グリーフケアの視点で考える~」

  5. 山崎英樹:「ごく私的認知症医療史」

  6. 認知症を学び認知症の方々と寄り添える若者を増やす活動

    礒干 彩香:認知症を学び認知症の方々と寄り添える若者を増やす活動