須藤健司:一番大切なこと

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

一番大切なこと

私は「仙台市で地域包括ケアシステムを具現化の為、専門職がしっかりと力を発揮できる仙台にする」をミッションにささかまhandsという団体を立ち上げ専門職の「顔・腕・想い」が見える活動をしています。 仙台では、今まで以上に素晴らしいケアが展開されるようになってきました。 そのひとつの要因として、様々な専門職が「ささかまhands」を通じて繋がり、統合し、チームが出来たからだと思っています。 そんな活動を通じて、仙台市民に質の高い医療・介護を提供する為に「一番大切なこと」とは?と考えるようになりました。 専門職の「顔・腕・想い」の見える活動をしている中で感じ始めた「一番大切なこと」をお話ししてみようと思います。

須藤健司

ささかまハンズ

一番大切なこと

関連プレゼンテーション

  1. 清水麻理子:今こそ、歯科の重要性

    清水麻理子:今こそ、歯科の重要性

  2. 宮崎詩子:幸福感のある療養支援社会を作る

    宮崎詩子:幸福感のある療養支援社会を作る

  3. 間々田 久渚

    間々田 久渚:LGBTから考える多様性と居場所づくり

  4. 萬田 緑平:最期まで目一杯生きる

    萬田 緑平:最期まで目一杯生きる

  5. 二田幸子:生活習慣病重症化予防の取り組みについて

    二田幸子:生活習慣病重症化予防の取り組みについて

  6. 谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦

    谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦