千葉 明日香:病院勤務×在宅医

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

病院勤務×在宅医

地域には自分らしく幸せに暮したいという当たり前の願いと共に、病気、貧困、災害、格差など健康で文化的な生活を脅かす困難があります。人は生まれ、暮らし、いつか死を迎えます。医療や介護は誰もが安心して暮らせる街の基本機能のひとつです。
私の職場は先の震災で付属クリニックが全壊し、訪問診療を継続するために「在宅療養支援病院」の届出を行いました。生命を救う病院医療と生活を支える在宅医療。その両者の立ち位置を持つ利点を活かした仕事をしたい。家庭医として外来や病棟でも働く中で病院スタッフに在宅医療を伝える事を縦糸、地域に出て介護事業所や地域の方と協働する事を横糸に、ゆったりと温かい包容力のある布を織るイメージで、この地域に在宅医療のネットワークを作りたい。人生の喜怒哀楽を糧に自身も成長しながら、地域住民の日常生活を支える在宅医療をライフワークにしたい。小さな在宅療養支援病院で働く小さな在宅医の想いです

千葉 明日香 CHIBA ASUKA

長町病院 医師

病院勤務×在宅医

関連プレゼンテーション

  1. 中村清子:口腔ケアを取り組むことの成果とは

    中村清子:口腔ケアを取り組むことの成果とは

  2. 塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

    塩崎良子:人生の最後まで、「病人らしく」より「自分らしく」

  3. 野伏龍寛:「生活の質の向上に貢献し明るい空間を創造する!」

    野伏龍寛:「生活の質の向上に貢献し明るい空間を創造する!」

  4. 坪谷透:「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

    坪谷透:「どうしてジャクソンは病院にいるの?」

  5. 永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

    永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

  6. 釣舟晴一:演劇を通して『人としての認知症』を伝えたい

    釣舟晴一:演劇を通して『人としての認知症』を伝えたい