岡田有司:たとえ鬼と言われても 

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

たとえ鬼と言われても 

皆さん、思い出してみてください。 初めて白衣を着て「患者さん」にあったときのことを。 多くの医療職は初めて患者さんにあったのは学生時代の臨地実習・臨床実習でしょう。 医療職の多くは学生時代の臨地実習・臨床実習で臨床業務のイメージをつかむことが多いはずです。 しかし管理栄養士養成での臨床実習はたった80時間、2週間しかないのです。 給食関連の実習は40時間の給食の運営は必須ですが、給食経営管理の実習40時間は養成校によってないところもあります。 ハートランドしぎさん(以下:当院)でも臨床栄養学の臨地実習80時間を提供しています。 当院の臨床栄養学臨地実習はきついんです。私は実習生には「鬼」と言われることもあります。 恨まれることもあります。しかし将来本当に実習生達が医療関連の管理栄養士になったときに患者さんのアセスメントができるところまで当院で鍛え上げます。 たとえ鬼と言われても。

岡田有司

信貴山病院

たとえ鬼と言われても 

関連プレゼンテーション

  1. 河瀬 聡一朗:人を良くすると書いて「食」 我々が「食」をどのように支えるか

    河瀬 聡一朗:人を良くすると書いて「食」 我々が「食」をどのように支えるか

  2. 佐藤真琴 地域をデザインしよう 医療と日常の間を埋めるサードプレイスの可能性 株式会社PEER 経営者

    佐藤真琴:地域をデザインしよう 医療と日常の間を埋めるサードプレイスの可能性

  3. 日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

    日原美穂:「本当は不安でした」~食事介助教育が介護のプロを生む~

  4. 認知症を学び認知症の方々と寄り添える若者を増やす活動

    礒干 彩香:認知症を学び認知症の方々と寄り添える若者を増やす活動

  5. 小川順也:強みを活かして主体性を引き出す場作り

    小川順也:強みを活かして主体性を引き出す場作り

  6. 西村元一:〝フリ〟からフリー(Free)になる、医療でありたい。~「良い患者のフリ」をする患者と「わかっているフリ」をする医療者~

    西村元一:〝フリ〟からフリー(Free)になる、医療でありたい。~「良い患者のフリ」をする患者と「わかっているフリ」をする医療者~