北村哲治:「健康づくり地域拠点薬局ハートヘルスプラザ ~地域住民のパートナー~」

  • 内容:Contents
  • プレゼンター:Presenter
  • テキスト:Transcript

「健康づくり地域拠点薬局ハートヘルスプラザ ~地域住民のパートナー~」

ここ数年多くの薬局が保険調剤中心に展開している現状を見て、「薬局・薬剤師は、本当に地域で役立っているのだろうか?」という疑問を持つようになりました。薬局が地域に寄り添い、地域に密着し、愛されるためには、もっと気軽に立ち寄れる薬局を作ると共に、信頼して相談される薬剤師の育成を行うことが必要と考え活動してきました。 地域の薬局が仙台市民への「心と健康情報の発信基地」および「行政と市民の中継基地」であるような薬局を目指し、この薬局の愛称を「ハート・ヘルス プラザ」としました。ハートヘルス プラザ」の役割は、現在の生活や趣味、生きがいを出来るだけ長く続けられるようにサポートしていくことです。その最初の取り組みとして、認知症への理解を広め、その対応を提案しています。 市内約150薬局が現在参加していますが、全ての会員薬局がこの「ハート・ヘルス プラザ」となるよう呼び掛けを続けていきたいと思っています。

北村哲治

一般社団法人仙台市薬剤師会 会長

「健康づくり地域拠点薬局ハートヘルスプラザ ~地域住民のパートナー~」

関連プレゼンテーション

  1. 横山英子:食を通して、生き生きとした毎日を! ~医食同源プロジェクト宮城カルテ食堂の取り組みを通じて~

    横山英子:食を通して、生き生きとした毎日を! ~医食同源プロジェクト宮城カルテ食堂の取り組みを通じて~

  2. 佐藤 文: 脆くて弱い皮膚からの叫び「スキン‐テア」

    佐藤 文: 脆くて弱い皮膚からの叫び「スキン‐テア」

  3. 八木大志:外出時にトイレで困らないまちに向けて

    八木大志:外出時にトイレで困らないまちに向けて

  4. 永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

    永井弥生:“変える”ということ“変わる”ということ

  5. 谷合久憲:急性期病院と在宅医療、実はベストマッチ?

    谷合久憲:急性期病院と在宅医療、実はベストマッチ?

  6. 村上紀美子:ときどき「患者の目線」で話しませんか?

    村上紀美子:ときどき「患者の目線」で話しませんか?