実現しようとする未来

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 横山雄士:悔いを残す最期にするな
    • 歯科医師非営利団体
    • 戦術
    • MED 在宅医療

    横山雄士:悔いを残す最期にするな

    みなさんの「在宅医療」のカードの中には歯科医師・歯科衛生士はありますか?私たち歯科は一般的な外来で行う「虫歯」「入れ…

  2. 小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…
    • 医師
    • 思想
    • MED 在宅医療

    小澤竹俊:今日が人生最後の日だったら…

    今日が人生最後の日だったら、皆さんは、どんな気持ちになるでしょう?人生最後の日で思うことは、やり残したことや後悔かも…

  3. 北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―
    • 看護師
    • 戦略
    • MED 在宅医療

    北川智美:始動!特定看護師 ―在宅につながる新しい看護師の役割―

    「始動!特定看護師」このタイトルの詩をこの春、特定行為研修を修了した39名の看護師が日本看護協会に贈りました。2015年10…

  4. 志田清美:足から健康!~足ビリテーションのすすめ~
    • リハビリテーション療法士
    • 戦術
    • MED 在宅医療

    志田清美:足から健康!~足ビリテーションのすすめ~

    山形県、西村山郡にて在宅療養患者の訪問リハビリ活動を行っています。力を入れているのは「足ビリテーション」。足から健康…

  5. 徳田英弘:穏やかに、朗らかに、和やかに、~自分らしく生ききるために~
    • 医師
    • MED 在宅医療

    徳田英弘:穏やかに、朗らかに、和やかに、~自分らしく生ききるために~

    「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続ける」ことが、地域包括ケアシステムの目的です。今回のMEDプレゼンの…

  6. 宮地紘樹:老いる世界に羽ばたく日本の在宅医療
    • 医師
    • 戦略
    • MED 在宅医療

    宮地紘樹:老いる世界に羽ばたく日本の在宅医療

    皆さんが良き日本の未来のために創り出す在宅医療のかたちは、同時に世界の国々が求める未来の医療のかたちでもあります。国…

  7. 細田修:在宅医療の普及への挑戦
    • 看護師
    • 戦術
    • MED 在宅医療

    細田修:在宅医療の普及への挑戦

    最期は本人や家族が望む場所で人生の集大成を送ってほしい。在宅医療従事者が病院ではなく有床診療所や老人保健施設を使用し…

  8. 吉村芳弘:あなたが一般病院で臨床研究をすべき3つの理由
    • 医師
    • 技術
    • Med 2015MED Japan

    吉村芳弘:あなたが一般病院で臨床研究をすべき3つの理由

    基礎にせよ、臨床にせよ、そもそも医師はなぜ研究するのでしょうか? インパクトファクターを稼いで研究費を確保し、ポスト…

  9. 中村悦子:能登から発信できること
    • 看護師
    • 戦術
    • Med 2015MED Japan

    中村悦子:能登から発信できること

    私は能登で生まれて能登で育ちました。 両親が病弱だったため一人っ子の私は中学2年くらいのころから、「いつか独りになって…

  10. 大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり
    • 患者・家族
    • 戦術
    • Med 2015MED Japan

    大住章二:褥瘡患者と家族の会、設立にあたり

    間近に迫った超高齢社会を見据え、国は療養患者の在宅化をさらに推し進める方針を打ち出しています。このことが在宅患者の褥…

  11. 佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ
    • 医師
    • ビジョン
    • Med 2015MED Japan

    佐々木 淳:「医師の個人事業」から「地域医療インフラ」としての在宅医療へ

    日本人の約7割が人生の最期を住み慣れた自宅で過ごすことを望んでいますが、80%の方が病院で最期を迎えています。これは国際…

  12. 宮崎詩子:幸福感のある療養支援社会を作る
    • 非営利団体
    • 戦術
    • Med 2015MED Japan

    宮崎詩子:幸福感のある療養支援社会を作る

    「誰もが自分らしい療養生活をデザインできる社会にする」ことを理念として2014年より社団法人化し活動を始めた。これま…

  13. 大浦紀彦:切断阻止! Act Against Amputation!
    • 医師
    • ビジョン
    • Med 2016MED Japan

    大浦紀彦:切断阻止! Act Against Amputation!

    「糖尿病で足を失う」ということを聞いたことがあるでしょうか。そんな人は見たことないようね。と都市伝説のように思ってい…

  14. 森田満美子:ぢゃいこの4次元ポケット
    • リハビリテーション療法士
    • 技術
    • Med 2016MED Japan

    森田満美子:ぢゃいこの4次元ポケット

    世の中を変えるチカラを持つ者は、「若者」「馬鹿者」「余所者」そう教えてくださった先生が居ます。 今、まさに3つのチカラ…

  15. 岡田有司:たとえ鬼と言われても 
    • 管理栄養士・栄養士
    • 技術
    • Med 2016MED Japan

    岡田有司:たとえ鬼と言われても 

    皆さん、思い出してみてください。 初めて白衣を着て「患者さん」にあったときのことを。 多くの医療職は初めて患者さんにあ…

  16. 重光喬之:非交流型webサービス“feese”の挑戦
    • 非営利団体患者・家族
    • 戦術
    • Med 2016MED Japan

    重光喬之:非交流型webサービス“feese”の挑戦

    脳脊髄液減少症は、慢性化すると終わりのない病気です。 突発性・外傷性・医原性で誰しもが発症する可能性がある病気です。 …

  17. 高橋有紀子:幸せな育児生活のスタートを支えたい!
    • 医師
    • 戦術
    • MED 2014MED Japan

    高橋有紀子:幸せな育児生活のスタートを支えたい!

    ここに要約文入る(下にも)

  18. 若林秀隆:一燈照隅、万燈照国
    • 医師
    • ビジョン
    • Med 2012MED Japan

    若林秀隆:一燈照隅、万燈照国

    日本の天台宗開祖である最澄の言葉に「一隅を照らす、此れすなわち国宝なり」がある。戦後昭和の歴代総理の指南役であった安…

  19. 須藤健司:言霊が仙台の医療・介護を変える
    • 介護・福祉職
    • 戦略
    • MED 2014MED Japan

    須藤健司:言霊が仙台の医療・介護を変える

    ここに要約文入る(下にも)

  20. 亀井倫子:三鷹の嚥下と栄養を考える会
    • 歯科医師
    • 戦術
    • Med 2017MED Japan

    亀井倫子:三鷹の嚥下と栄養を考える会

    テーブルに並ぶごちそうは まるで芸術作品の美しさ 口の中でとろけて 鼻に抜ける風味 「美味しい!」と感動できる幸せな時間…

  21. 髙﨑美幸:チームリーダー養成の取り組み ~管理栄養士から発信できること~
    • 管理栄養士・栄養士
    • 戦術
    • Med 2012MED Japan

    髙﨑美幸:チームリーダー養成の取り組み ~管理栄養士から発信できること~

    みなさんこんにちは♪(*^・^)ノ ⌒☆(*^-^*)。 プレゼンには全く自信がありませんが、日本の医療を変えたい! 管理栄養士の業務…

  22. 井階友貴:赤ふん坊やが地域医療を再生する!?~住民―行政―医療の協働のためにできること~
    • 医師
    • 戦術
    • MED 2014MED Japan

    井階友貴:赤ふん坊やが地域医療を再生する!?~住民―行政―医療の協働のために…

    • 医師
    • ビジョン
    • Med 2017MED Japan

    大浦敬子:どこでもいつでもおとなの学校 〜要介護高齢者だって学びたい〜

    おとなの学校は、介護施設から始まりました。 たとえ要介護になっても学ぶ場所です。 朝から夕方まで、朝礼に始まり、1日授業…

  23. 遠山玄秀:僧侶が医療に貢献できること
    • 宗教
    • 思想
    • Med 2012MED Japan

    遠山玄秀:僧侶が医療に貢献できること

    昨年、「宗教者もチーム医療の一員に入れて下さい!」と発言させていただきました、僧侶の遠山玄秀です。昨年の懇親会で、秋…

  24. 岡田克之:赤城の麓で、言魂を放つ 〜「MEDプレゼン@ぐんま」への想い〜
    • 医師
    • ビジョン
    • Med 2017MED Japan

    岡田克之:赤城の麓で、言魂を放つ 〜「MEDプレゼン@ぐんま」への想い〜

    私は、皮膚科医です。でもね、それだけじゃない、ウズウズする気持ちがありまして。「常識は置いてから、来い!」2013年のMED…

  25. 三村卓司:自分たちのために準備しよう
    • 医師
    • 戦略
    • Med 2012MED Japan

    三村卓司:自分たちのために準備しよう

    今回の企画に、無謀にも手を挙げてしまったことに、若干の後悔とチャレンジングな自分の姿に、なぜか喜びを見いだしています…

  26. 小澤いぶき:未来の豊かさを創っていくための社会処方箋
    • 医師
    • ビジョン
    • Med 2017MED Japan

    小澤いぶき:未来の豊かさを創っていくための社会処方箋

    例えば、急に仕事がなくなったり、 急に病気になって外に出られなくなったら、 例えば孤立したら。 私たちが、今は起こってい…

  27. 五島朋幸:食べること 生きること~最期まで食べられる街づくり~
    • 歯科医師
    • ビジョン
    • Med 2013MED Japan

    五島朋幸:食べること 生きること~最期まで食べられる街づくり~

  28. 田村佳奈美:被災地福島から笑顔を! ~地域でのチーム活動~
    • 管理栄養士・栄養士
    • ビジョン
    • Med 2013MED Japan

    田村佳奈美:被災地福島から笑顔を! ~地域でのチーム活動~

    ここに要約文入る(下にも)

  29. 山田桐絵:37.1℃の言葉
    • 管理栄養士・栄養士
    • 思想
    • Med 2013MED Japan

    山田桐絵:37.1℃の言葉

    ここに要約文入る(下にも)

  30. 小山珠美:すべての人に口から食べる幸せを!
    • 看護師
    • 戦略
    • Med 2013MED Japan

    小山珠美:すべての人に口から食べる幸せを!

  31. 宮澤靖:チーム医療に「魂」込めて
    • 管理栄養士・栄養士
    • 戦略
    • MED 2014MED Japan

    宮澤靖:チーム医療に「魂」込めて

    近年、医療の高度化と高齢社会の到来で、毎日多数の患者が入院する急性期病院の業務量は膨大となってきた。診療報酬も出来高…

  32. 田中志子:認知症の方を支える地域を作る~地道に広げるまちづくり~
    • 医師
    • 戦略
    • MED 2014MED Japan

    田中志子:認知症の方を支える地域を作る~地道に広げるまちづくり~

    MEDプレゼンてなんなんだろう…。 「新しくて楽しいことをするからぜひ参加してよ」と、わけも分からず誘われるままに初めて参…

  33. 一瀬浩隆:東日本大震災が私を変えた。
    • 歯科医師
    • 戦略
    • MED 2014MED Japan

    一瀬浩隆:東日本大震災が私を変えた。

    卒業後、私は勤務医として関東のクリニックで歯科治療に従事していた。特に、インプラント、審美歯科、歯科矯正に興味があり…

  34. 藤田優美子:ワン チャンス!〜1年目の気付きとこれから〜
    • 薬剤師
    • 技術
    • MED 2014MED Japan

    藤田優美子:ワン チャンス!〜1年目の気付きとこれから〜

    昨年、薬学生だった私はご縁あって秋山和宏先生にお会いし、「MEDプレゼン2013」に初めて参加しました。その時の感想は、『こ…

  35. 清水麻理子:今こそ、歯科の重要性
    • 歯科医師
    • 戦術
    • Med 2016MED Japan

    清水麻理子:今こそ、歯科の重要性

    誰もが願ってやまないカラダの健康に、実は歯科が関わっている。 しかし歯医者のほとんどが、「歯を削る・詰める・抜く・入れ…

  36. 谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総力戦
    • 医師
    • 戦略
    • MED 2014MED Japan

    谷合久憲:市民と取り組む医療・介護・福祉を軸とした自分達の地域を守るための総…

    ここに要約文入る(下にも)

  37. 糟谷明範:住民と医療介護の懸け橋になる
    • リハビリテーション療法士
    • ビジョン
    • Med 2016MED Japan

    糟谷明範:住民と医療介護の懸け橋になる

    『住民と医療介護の懸け橋になる』これが私のミッションです。 私が暮らす街でも地域包括ケアシステム構築に向けて行政が動い…

  38. 一瀬浩隆:震災が私に教えてくれたこと
    • 歯科医師
    • 戦術
    • MED 秋田MED 秋田 2016

    一瀬浩隆:震災が私に教えてくれたこと

    2011年3月11日、東日本大震災が起こった。日ごとに明らかになる震災の被害に「自分にできることはないだろうか?」と…

  39. 薩日内裕章:「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」
    • 患者・家族
    • 思想
    • MED 秋田MED 秋田 2017春

    薩日内裕章:「人工呼吸器をしながら 生活領域を もっと広げよう」

    平成14年の夏、私は21歳の時、海岸でサッカーをしていました。誤って首を強打し頚椎を損傷し、四肢麻痺の体になり、人工呼吸…